携帯で高音質着メロ作成


公式で着うたがありますが、
「自分の知ってるお気に入り且つマニアックな曲を着メロ指定したいのに、どこにも無い!」
「DLにお金を掛けたくない!315円とか高いYO」
という時に使うものです。(音質が許せば)
着メロ指定しないなら普通にLISMOやらで聴いたら良いだけなので、これは全く必要無いものです。
あと自分の携帯がauなのでau基準です。

mmfで作成します。侮るなかれmmf。
基本的にはこのサイトで紹介されている事をかいつまんでいくだけですがね!
という事でまずは必要なソフト等を揃えると良いです。

えせ着
■上記サイトをよく読み感謝し、えせ着うたフロントエンドSMAF版をインストール。
すぐ傍のリンクのSSC-MA3-SMAFも必要なのでインストールしておきます。

MCP-MA7をインストール。これを使えばエンコード後にPCで音質チェック出来ます。
携帯のスピーカーで聴く事との差は、どうしてもあると思いますが。(音割れ等)

実際必要なのは上記の3つのみです。
また、えせ着うたフロントエンドSMAF版で変換に使用出来る音楽データは、wavとmp3です。


起動したらこんな感じです。

まず自分の携帯用に設定を変えていきます。
ここで自分の携帯のSMAFmmf再生可能サイズmmf登録可能サイズを見ておくと良いです。
再生、登録可能サイズが書かれてなかった場合は自分でどうにかするしかないかも…しれないね…。
SHARP製はmmf再生に強いようで羨ましい。

■設定→使用する音源の選択
・128和音対応機種なら[MA7]
・非対応機種なら[MA3 / MA5]

使用するフォーマット
・4bit ADPCMで。

チャネルモード
・モノラルで。

音質とサイズ
・サンプリング周波数ではなく、ファイルサイズ指定で作った方が簡単に最高音質で作れます。
S004の場合は最大サイズが500なのでそのまま500で指定。(500kb)

音量補正
・体感でちょっと小さくなるので、 1.5倍か2倍にした方が良いかと思います。音割れしたら下げる感じで良いかと。


-mmfファイルの作成-

[ファイル→WAVEファイルを開く]で音楽ファイルを指定して下さい。
(mp3を選ぶ場合は下の[ファイルの種類]を[waveまたはmp3ファイル]に変更する)

[ファイル→変換]で変換。mp3の場合はダイアログが出ますが[OK]で。

以上でmmf作成は終わりです。後はPCメールにでもはっつけて送ると良いです。


一連の流れはこれで終わりですが、高音質を求める場合は臨機応変に設定が必要になります。
具体的には、8bit PCMStereoにした場合。
この場合500kbだと10秒程で音質に限界が来ます。(30秒なんてもう聴けたもんじゃないです)
ゲームの効果音をメール着信にしたい場合は良いかもしれません。
曲の長さ、自分の許容する音質、携帯の再生可能サイズと相談して色々いじってみると良いです。

SHARP製のW61SHの場合、16MBまで再生・登録に対応しているので一曲丸ごと高音質も余裕で作れます。
ということで以上になるます。

カテゴリー: WEBTIPS   パーマリンク

コメントは受け付けていません。